こんにちは。青ゼミの英会話で英語を教えているナタリアです。今日は英語のある有名な会話表現に関してお話をしたいと思います。

日本人が外国人と英語で会話をする時に、外国の人に「What’s up」と言われて日本人が「I am fine, how about you?」のような、「How are you」に対する答えのような返事のし方をするという場面を何回も見た事があります。そんな答え方をしても、大した違和感はないのですが、「やはりちょっと違うな」とはいつも思います。

How are you は多分皆さまもうご存知かと思いますが「お元気ですか?」と言う意味です。

How are you は社交辞令として使う時もあれば、本当に相手が元気かどうかが気になる時に使う時もあります。答え方としては「I’m fine, how about you?」などの様々な例を挙げる事が出来ますが、社交辞令であっても、ちゃんと答える必要があります。

「What’s up」は「How are you」よりも社交辞令的な言い方で、意味的にはちょっとややこしいです。Whatは「何」と言う意味があってUpは「上」と言う意味で、一緒に使うと「最近どんなことありましたか」とか、「最近どうですか」など、意味的に近い訳し方が出来ますが, やはりぴったりの訳し方は日本語にはないです。

答えとしては一番よく使われるのが「Nothing much」(「別に何も」と言う意味です)かと思いますが、同じ質問で答える時もよくあります (What’s up?)。さらに、完全に無視する場合もあります(あまりよくないのですが)。もちろん他にも答え方があります。質問に答えた後、相手に対して同じ質問なり、「How are you?」なりの質問が出来ます

What’s upは特に若い人の中でよく使いますが、ちょっとカジュアルな感じの言い方なので、使う時に空気を読まないといけないと言う必要があります。子供とか、ちょっと若くてリラックスした感じの人に対して使うといいと思います。ただ、自信がない時は使わない方が無難です。

最後にWhat’s upを使った会話の例を挙げます。

– Hey! Long time no see! What’s up?

「こんにちは!久しぶりですね!最近どうですか?」

– Oh, Hi! Nice to see you again! You know, nothing much、just the same old.

How about you? How have you been?

「あ、こんにちは!また会えましたね!最近いつも通りです。そっちはどうですか?元気でしたか?」

本当はちょっと敬語よりカジュアルな感じですが、結構丁寧な形になっています。

上の例ではさらにWhat’s upと質問されたのに、逆に「How have you been?」(How are youの活用されたフォーム)と相手に言い換えしています。これも前言った通り、アリです(笑)。以外と奥が深いでしょう?でも、ご安心下さい!!全部知る必要はないです!言われたらどう答えればいいかが分かれば十分だと思います。もっと知りたい方は是非映画みたり、インターネットで調べたり、私に聞いたりしてください!(笑)

それでは皆様良い一日を!

Have a nice day!

ナタリアより

おすすめの記事