こんにちは。青ゼミの英会話で英語を教えているナタリアです。今日は英会話に関する話題ではなくアメリカの文化のお話をしたいと思います。英会話留学での出来事短期連載第1回目です。

青学ゼミナールで働く留学経験のある英文法講師から留学先で驚いた経験を数回に分けて掲載します。留学を考えている中学生や高校生にはぜひ読んでみてください。

《驚き1》公共の施設でもとにかく陽気。

日本では公共の場では周りに“迷惑な”行為はやめましょうといって、電話してはいけなかったり、大声で話してはいけなかったりしますが、アメリカでは全く違います。地下鉄に乗ると乗客はなんとイヤホンではなくスピーカーで音楽を聴いていたり、それに合わせて周りの人がダンスをしたりなど、とにかく賑やかです。それを騒がしいと捉えて嫌な顔をする人ももちろんいますが、注意する人はあまり見かけませんでした。ちなみにダンスを見ているとチップを要求されることもあるので注意しましょう。

YouTubeでも動画が上がっています。

ダンスパフォーマンスをしています。注意する乗客はおらず、拍手をしている方もいます。

こちらは駅の構内でパフォーマンスをしています。FacebookのIDが書かれた紙をギターケースに張り付けています。ギターケースにはチップがいくつか入っていますね。

歌を歌っている方もいます。

いかがだったでしょうか。留学では言語だけでなくこのような独自の文化も体験することが出来ます。

おすすめの記事